THE HAPPENING SHARE WITH EVERYONE THE FASHION

The HAPPENING Vol.3

第3回目となるHAPPENINGはファッションがたくさんの人を繋げるコミュニケーション・ツールとなり多くの人と楽しさを共有できる場所を作ることを目指しました。砂漠を隊を組んで行く一団の名”CARAVAN”からイメージした、THE HAPPENINGの東京版”キャラバン”は、特製透明ガラス張りの選挙カーに過去最多の6ブランドのコレクション衣装をモデルに着せて東京の街中を1日巡ります。街を巡ったキャラバン隊がよりボリュームアップしたショーイングと”キャラバン”の旅にサウンドクリエイションで同行するボイスパーカションの”すらぷるため”氏によるライブパフォーマンスも楽しんでいただけます。キャラバンの最終終着地は、青山 COMMUNE 246。インスタレーションパーティー・エキシビジョンを行います。

The 3rd The HAPPENING aimed at creating a place where fashion became a communication tool to connect many people and share fun also. The Tokyo version of THE HAPPENING “Caravan” which was imagined from going through a group of deserts name “CARAVAN” This collection of 6 most-designers collection on a specially made transparent glassed election car go around in the city of Tokyo the day. It is “Caravan” journey. You can also enjoy live performances by Mr. “SURAPURUTAME” Human beatboxer is sound creation on the show and over the town.

Date & Place

4.13.2015
東京の街中
青山 COMMUNE 246

Hashtag

#HPG_TOKYO

DESIGNER

ASUKA KUMADA

BOUNDARY LINE -境界線-

物事の存在は曖昧であり、その本質は近くで見ないと分からない。現実と非現実、存在と存在し得ないもの、見えるものと見えないもの、物事の境界線は考えられている以上に複雑だ。本質を見極める境界線は果たしてどこにあるのか。

Carrier

武蔵野美術大学空間演出デザイン科卒業。2012年 art in fashion をコンセプトに掲げ asukakumada を立ち上げる。head piece を中心に手掛ける。

GARTER

CIRCULATION -循環-

架空の少数民族”OIK-OTOIKOT(オィク オトゥイコット族)”を創造したコレクション。GARTERが創造する”OIK-OTOIKOT(オィク オトゥイコット族)”は、ポルトガルの僻地に生息し超循環型生活様式を送る。彼らは、コルクを主な輸出品とし日常着としても纏う。コーヒー豆、果実酒、蜂蜜の名産地でもある。(*) コルク/樹齢200年に渡り樹皮を再生し続け、最後の最後まで燃料として使用できる究極の天然資源。保温・防湿・防虫効果に優れる。

Carrier

2009年オリジナル&セレクトショップGARTERを高円寺にオープン。レディガガを始めアーティストのコスチューム製作を手掛ける。Colette paris,Church boutique, LA,ワタリウム美術館等で作品発表。2015年よりGARTERからKOSHIRO EBATAにブランド名を改称。

KOSUKE TSUMURA

CELL DRESS

フェルトで作られた1つ1つのパズルピースは、身体の細胞をイメージしている。細胞が組み合わせれ人間を形造るように、セルピースを組み合わせることで、第二の皮膚であるドレスができる。小さなパズルピースは、おもちゃのように自由にオリジナルなドレスを組み立てる事ができる。

Carrier

武蔵野美術大学空間演出デザイン科卒業。2012年 art in fashion をコンセプトに掲げ asukakumada を立ち上げる。head piece を中心に手掛ける。

MEG MIURA

MID NIGHT

朝を待つ静寂な深い青の世界は、生命たちが真夜中から朝になる間に目を覚まし、それらが動き出すことによって立体的なフォルムが生まれる。そして、衣服を包み込み、身体に添いながら新たなシルエットを描き出す。衣服は道具ではない。”生命に近い存在”というメッセージを含んでいる。

Carrier

エスモード・ジャポンデザイン専門科卒業。デザイナー永澤陽一氏に師事。YOICHINAGASAWA パリコレクションのアシスタントデザイナーとして勤務。2009 年フリーランスとして独立。

Website

megmiura.com

TAKESHI SATO

FORM OF INSIDE

身体の内側に確かに存在している形。時にグロテスクで目を背けたくなる一部分。自分の中に潜む、血管や神経のフォルム。それらを線として捉え、身体を纏う。線によって描き出すその形は流動的な表現をするため、グルーガンを使用して製作した。

Carrier

京都市立芸術大学染織専攻にて染織技法やファイバーアートを学び、大学卒業後HAPPENINGに参加。2016年より岡治織物に務める。

TAKUMA

UPLIFT OF THE BODY MUSCLE

現代社会に広がる身体の意識。ボディービルダーのような完璧な身体を服で構築し、理想的な身体は着る事により完成する事を表現した作品。内臓的な筋肉の隆起をテープのみで表現し、縫製を極力なくし新しい衣装の構成の方法を試みた。ヘッドアクセサリーで使用したアクセサリーパーツは、TAKUMAのダイレクションするアクセサリーブランドM.Y.O.B NYC のオリジナル作品である。

Carrier

VINTAGE STORE Dogにてバイヤー、衣装製作を担当。現在はMYOB-NYCディレクター。2015年から、デザイナーTAKUMA始動。

ARTWORK

THE ME

Carrier

鈴木シゲルと鈴木メグによるクリエイティブ・ユニット。作家活動、アートディレクション、グラフィックデザイン、映像ディレクション、プロデュースなど多岐にわたる創作活動を行う。

THE ME IS THE CREATIVE UNIT BY SHIGERU SUZUKI & MEG SUZUKI. CREATIVE ACTIVITIES BASED ARTWORKS, ART DIRECTION, VIDEO DIRECTION, GRAPHIC DESIGN & PRODUCE.

Website

the-me.jp

GALLERY

CREDIT

STAFF

伏見京子 KYOKO FUSHIMI STYLIST
武久泰洋 YASUHIRO TAKEHISA STYLIST
UDA MAKE-UP
西村浩一 KOICHI NISHIMURA HAIR
谷岡万城男 MAKIO TANIOKA @bon SHOW DIRECTER
渡邊里沙 RISA WATANABE @bon SHOW DIRECTER
中西千帆子 CHIHOKO NAKANISHI @traffic PRESS
森繁牧子 MAKIKO MORISHIGE @traffic PRESS
THE ME ARTWORK
すらぷるため SURAPURUTAME HUMAN BEATBOX
YASU PHOTOGRAPHER
山添雄彦 PHOTOGRAPHER
小林茂太 PHOTOGRAPHER
山添雄彦 PHOTOGRAPHER
豊田哲也 PHOTOGRAPHER
佐藤勲 PHOTOGRAPHER
竹内洋祐 YOSUKE TAKEUCHI @TRAUBERT PICTURES MOVIE
澤田石広 YUTAKA SAWADAISHI WEB DESIGN
平川武治 TAQUE.HIRAKAWA モードクリニュシュェ SUPERVISOR
生駒芳子 YOSHIKO IKOMA ジャーナリスト SUPERVISOR

MODEL

MEG MIURA

AI SUZUKI @ELITE JAPAN
NAO @BELLONA
HESUI @AMAZONE

TAKUMA

YUKI @BELLONA
TEN @BELLONA

KOSUKE TSUMURA

NINA UTASHIRO @BELLONA
YURINA @BELLONA
NATSUKI @BELLONA

TAKESHI SATO

REINA @SOS
KIRIKA @JANGLE

GARTER

KANA HIRATANI @ELITE JAPAN
YAYOI ANDO @ELITE JAPAN

ASUKA KUMADA

HIKARU @BELLONA
RYKA SOPHIE OKAZAKI

CONNECT WITH HAPPENING