KOSUKE TSUMURA

DESIGNER

Career

1994年 「究極の家は、服である」 という考えを具体化した、FANALHOME を考案する。第52回 装苑賞受賞。「ヴェネツィア・ビエンナーレ」、「SAFE DESIGNE TAKES ON RISK」 @MOMA、「ドクメンタ13」、「LOVE」展 @森美術館、「アーネム・モード・ビエンナーレ」 などの多くの美術館に出品。


WORKS

COLLECTION

STATEMENT

原宿・表参道をメインステージとして、コンテンポラリーダンサーとモデルによるパフォーマンスをストリートで展開します。不特定多数の人達と非日常の瞬間を共有すること。同時集団的な空想の時間を作り出すこと ...

RELATED ARTICLES

  • MASK DESIGNER

KOTARO SAKAZUME

1988年東京都生まれ。大学で陶芸を学ぶ。在学中、道具と表象としての「仮面」に興味を持ち、アフリカのプリミティブマスクに影響された仮面作品を作るようになる。大学卒業後は樹脂や粘土などの素材を扱い仮面を ...

  • COSTUME DESIGNER

KOSHIRO EBATA

2009年より衣装デザイナーとしてアーティスト、広告、舞台衣装を手掛ける。立体裁断による独創的フォルムとレザーから金属まで多様なマテリアルの扱いを得意とする。2017年より、ウェアラブルライン"mimi by KOS ...

  • HAIR ARTIST

KOICHI NISHIMURA

@ANGLE 福岡県生まれ。1999年、渡英。2004年、日本での活動を開始。

CONNECT WITH HAPPENING