KOSUKE TSUMURA

DESIGNER

Career

1994年 「究極の家は、服である」 という考えを具体化した、FANALHOME を考案する。第52回 装苑賞受賞。「ヴェネツィア・ビエンナーレ」、「SAFE DESIGNE TAKES ON RISK」 @MOMA、「ドクメンタ13」、「LOVE」展 @森美術館、「アーネム・モード・ビエンナーレ」 などの多くの美術館に出品。


WORKS

COLLECTION

STATEMENT

原宿・表参道をメインステージとして、コンテンポラリーダンサーとモデルによるパフォーマンスをストリートで展開します。不特定多数の人達と非日常の瞬間を共有すること。同時集団的な空想の時間を作り出すこと ...

RELATED ARTICLES

  • COSTUME DESIGNER

KOSHIRO EBATA

2009年より衣装デザイナーとしてアーティスト、広告、舞台衣装を手掛ける。立体裁断による独創的フォルムとレザーから金属まで多様なマテリアルの扱いを得意とする。2017年より、ウェアラブルライン"mimi by KOS ...

  • COSTUME DESIGNER

MEG MIURA

エスモード・ジャポンデザイン専門科卒業。デザイナー永澤陽一氏に師事。YOICHINAGASAWA パリコレクションのアシスタントデザイナーとして勤務。2009 年フリーランスとして独立。

  • DESIGNER

KOSUKE TSUMURA

1994年 「究極の家は、服である」 という考えを具体化した、FANALHOME を考案する。第52回 装苑賞受賞。「ヴェネツィア・ビエンナーレ」、「SAFE DESIGNE TAKES ON RISK」 @MOMA、「ドクメンタ13」、「LOVE」展 ...

CONNECT WITH HAPPENING